ナナイロウェディング

ナナイロウェディング3つのデメリット|おすすめできない人の3つの特徴とは?

  • ナナイロウェディングが気になるけどデメリットはある?

こちらの記事では、ナナイロウェディングのデメリットを3つご紹介しています。

ナナイロウェディングを検討している方は参考にしてください。

 

 

ナナイロウェディングのデメリットは?

ナナイロウェディングのデメリットは以下の3つです。

ポイント

  • デザインの種類はそれほど多くない
  • 自由度が低い
  • 取って出しエンドロールはできない

 

 

デザインの種類はそれほど多くない

ナナイロウェディングにはオープニングムービーやプロフィールムービー、エンドロールがありますが、それぞれのムービーの種類はそれほど多くありません。

 

まず、ナナイロウェディングの各ムービーの種類は以下の通りです。

オープニングムービー:5種類
プロフィールムービー:9種類
エンドロール:5種類

 

実際に他のウェディングムービー制作業者で人気のある「シュシュ」「プリンセスネット」と比較してみましたが、やはり少ないと言えます。

ナナイロ シュシュ プリンセスネット
オープニング 5種類 23種類 22種類
プロフィール 9種類 18種類 25種類
エンドロール 5種類 13種類 8種類

(2021年12月時点調べ)

 

 

自由度が低い

ナナイロウェディングは提供されているムービーの型に写真やコメントを当てはめて制作するので、自作するよりは自由度は低くなります。

 

ただ、結婚式場と提携しているムービー制作会社も同様に型にはめていく場合も少なくないので、ナナイロウェディングだから自由度が低いというわけでもありません。

 

 

取って出しエンドロールはできない

ナナイロウェディングは取って出しエンドロールには対応していません。

そのため結婚式当日の映像を最後に流すことはできません。

 

ただその分料金が安いですし、取って出しエンドロールにこだわりが無い方はそれほどデメリットには感じないでしょう。

 

取って出しエンドロールを流したい場合は、他のオープニングムービーやプロフィールムービーのみナナイロウェディングにして料金を抑えるのも一つの手ですね♪

 

 

ナナイロウェディングがおすすめではない人

上記3つのデメリットを踏まえると、ナナイロウェディングが不向きな方の特徴は以下の3つです。

  • たくさんの種類から選びたい
  • とにかく自由にカスタマイズしたい
  • 取って出しエンドロールは必須だし、業者を変えるのは面倒

 

ナナイロウェディングは他の業者と比較してムービー毎の種類は少ないです。

 

ナナイロウェディングの中に好みのムービーがある場合はデメリットには感じませんが、もっとたくさんの種類から選びたい場合は他の業者を検討してみるのも良いですね。

 

また、ある程度型にはまったところに写真やコメントを当てはめていくので「とにかく自由にカスタマイズしたい」という場合は自作の方が向いているかも知れません。

 

他にも取って出しエンドロールには対応していないので、「絶対に取って出しエンドロールを流したいけどいろんな業者に頼むのは面倒」という場合も不向きだと言えます。

 

 

「ナナイロウェディングのデメリットは?」のまとめ

今回ご紹介したように、ナナイロウェディングには以下の3つのデメリットがあります。

ポイント

  • デザインの種類はそれほど多くない
  • 自由度が低い
  • 取って出しエンドロールはできない

 

これを踏まえると、ナナイロウェディングがおすすめできないのは以下のような方です。

  • たくさんの種類から選びたい
  • とにかく自由にカスタマイズしたい
  • 取って出しエンドロールは必須だし、業者を変えるのは面倒

 

 

ただ、ナナイロウェディングは修正回数無制限ですし、全額返金保証も付いているので少しでも気になるならまずは公式サイトで詳細を確認してみるのも良いですね♪

 

ナナイロウェディングの口コミが気になる方は以下の記事を参考にしてください。

-ナナイロウェディング

© 2022 【ナナイロウェディング】口コミ・評判を徹底調査! Powered by AFFINGER5